国際肺癌学会「禁煙」東京宣言
IASLC 2000 Tokyo Declaration on Tobacco

2000年9月11日〜14日にかけて、東京で開催されておりました、「世界肺がん会議」で、たばこに関する「東京宣言」が採択されましたので、掲載致します。
学会長の東京医大外科教授、加藤治文先生の御功労により、かなり前進した宣言が採択されたと思います。

国際肺癌学会「禁煙」東京宣言
IASLC 2000 Tokyo Declaration on Tobacco

 肺癌は世界で癌死の最も高いものである。男女共にその発癌発病率の急増は警鐘を鳴らす状況にある。肺癌の9割は喫煙及び受動喫煙によるものであり、そのため予防可能なものといえる。喫煙はその他の多くの癌、循環器系疾患及び慢性肺疾患の主な原因ともなる。子供の喫煙によるニコチン中毒は世界的な流行病であり、速やかな対応を必要とする。
 禁煙は肺癌発生の抑止と、高騰する医療費の抑制を計る最良の方法であり、ひいては世界人類の公衆衛生の向上と豊かな生活を成就することができる。
 これらの目的を達成するために国際肺癌学会(IASLC)は下記の事項を宣言する。

                                   記

1. 政府に対し、
  1)子供の喫煙によるニコチン中毒を防止するための新しい方法の開発
  2)分煙などによる非喫煙者の保護のための公共施設・交通機関内での禁煙
  3)政府広報・公共広告を通して、喫煙の害・禁煙の啓蒙
  4)禁煙を目的としたタバコ税の増額
  5)喫煙者に関わる医療費の一部自己負担制の新設
  6)初等中等教育での禁煙教育を行うための法令整備、行政指導、予算措置
  を要望する。
2. 医学会や医療機関に対し、禁煙運動と禁煙教育への協力支援を依頼する。
3. 医療関係者に対し、禁煙のためのカウンセリング技術の習得を要請する。
4. 産業界・メディアに対し、タバコの広告宣伝及びセールス活動を廃止するよう
に要請する。
5. 国際肺癌学会は、肺癌に関する資料を公共のために提供する。

この宣言は2000年9月14日に発効する。

国際肺癌学会(International Association for the Study on Lung Cancer)

IASLC 2000 Tokyo Declaration on Tobacco

   Lung cancer is the leading cause of cancer death in the world. The incidence is rising at an alarming rate in both men and women. Ninety percent of cases are caused by active or passive smoking and therefore could be avoided or prevented. Smoking is a major factor in the development of many other cancers, cardiovascular disease and chronic lung disease. As a consequence of smoking, nicotine addiction in our children is a major worldwide epidemic requiring immediate action.

   In order to help achieve its goal of eliminating lung cancer, the IASLC:

1. Requests governments to:
  1) Develop mew methods of preventing smoking, and therefore nicotine addiction, in children.
  2) Forbid smoking in all public facilities and transportation systems to protect non-smokers from the effects of passive smoking
  3) Through governmental and public notifications and advertising, warn of the ill effects of smoking on health
  4) Increase taxes on tobacco in order to prevent its use
  5) Enforce higher copayments by smokers for the cost of treatment of smoking related diseases
  6) Requests introduction of anti-smoking education at all levels of education.

2. Encourages other medical societies and health care institutions to join in campaigns against smoking and for anti-smoking education.

3. Encourages all health care providers to receive training in counseling on stopping smoking.

4. Requests all industrial sectors and media organs to eliminate tobacco advertising and marketing.

5. Promises to produce materials that will aid in education concerning smoking and lung cancer.