World No Tobacco Day 2005

2005年 世界禁煙デー

The Tobacco Free Initiative proposes that World No Tobacco Day 2005 focus on the role of health professionals on tobacco control.

「タバコの無い社会作り委員会」は、2005年世界禁煙デーを、タバコ規制に対する医療専門家の責務に焦点を当てることを提案する。

-- テーマ --
タバコ規制を進める上での医療専門家の役割とは
The role of health professionals on tobacco
control

-- スローガン --
タバコに対して医療専門家は、行動し結果をだそう
Health Professionals Against Tobacco-- Action and Answers
(テーマ、スローガン和文はAnti-Smoke Site訳)

原文(英文)

2005年5月31日
医療専門家はタバコ規制に対して卓越した貢献ができる立場にいる。

喫煙を効率的に規制するための包括的タバコプログラムはいくつかの方法、即ち法規制と価格設定という方法だけでなく、健康に及ぼすタバコの影響に関する意識を高めるための教育や対話、情宣活動を通じた喫煙阻止…また、タバコ依存者のタバコ欲求を減ずること、禁煙、などを併せて考慮すべきである。これらの領域で医療専門家は効果的な働きができる。医療専門家は多くの人々にアクセスしている。医療専門家は彼らの行動を変えさせ、アドバイスや指針を与え、喫煙の影響に関する喫煙者の質問に答えを出す立場にいる、また患者が禁煙するのを支援することができる。研究によれば医療専門家による、禁煙の重要さと喫煙の健康被害に関するカウンセリングは短いものでさえ喫煙を減らすためにはもっとも費用対効果の高い方法である。

医療専門家はまた喫煙予防観点でも大きな助けになる、特に若者の場合には。彼らは社会の行動規範を変えることができる立場にいるし、若者や子ども達にタバの危険について事前に警告することができる立場にいる。

医療専門家はタバコ規制に対する大きな影響力を行使できる立場にいる。私たちは、彼らの患者やその他誰にでも、医師、看護士、内科医、歯科医、薬剤師はあなた達が持つタバコに関する疑問に答えを出してくれると伝えたい。

あなたにも参加できます

Related links  (邦文は概略です)

:: Rationale

理論的根拠

序文

タバコ規制枠組み条約ができた。批准した政府機関は本気でやる気だ。そこで取り残された非政府機関NGOの取り組みも考慮する必要がある。NGOは医療関係者団体、環境保護団体、若者団体、女性の団体、国内、国際的なものなど。

 本文(タバコ規制と医療専門家)

上記訳文と同じ数パラグラフがある。

医療専門家は健康的な社会のお手本となる必要がある。

法規制にも積極的なかかわりを期待されている。

 医療専門家の行動規範

地球規模の理療専門家のタバコ調査

  世界青少年タバコ調査に基づいて CDC(アメリカ疾病予防センター)が作成

 推進のてこと普及方法

世界の医師団体では既に、タバコの無い世界を追求することが自分達の責務であると決めている。2005年 世界禁煙デーを契機にこれらの動きに弾みをつけたい

:: Code of practice on Tobacco Control for Health Professionals

医療専門家の行動基準 内部会議の結果承認された。禁煙や依存症治療に対する専門家集団の持つ潜在能力と責務の概要を述べている。

:: Register your WNTD event to be included in the World No Tobacco Day 2005 activity listing

2005 世界禁煙デーに関するイベントをリンク登録してください

 

翻訳:西田季彦

※:WHO許可申請済

     HOME(Anti-Smoke SiteのTOP)