World No Tobacco Day 2005  

あなたの「世界禁煙デー2005年」を準備してください

2005年 世界禁煙デーのテーマは

タバコ規制を進める上での医療専門家の役割とは

スローガンは

タバコに対して医療専門家は、行動し結果をだそう

このテーマ選定の根拠は以下のサイトで入手できる

World No Tobacco Day 2005

世界禁煙デーは喫煙の危険についての情報を地球規模で広めてゆくことを狙いにしている。

今年の世界禁煙デーはタバコ規制のあらゆる側面に医療専門家を巻き込んでゆくことに焦点を合わせている。そのため、我々は患者や受診者が自分達のかかっている医療専門家たちに喫煙やその健康上の影響についての質問や懸念を尋ねるようにして欲しい。

医療専門家とは保健衛生分野で働く全ての専門家を指し以下の広範な団体も含む。

医師・内科医、助産婦、薬剤師、歯科医師、保健士、物理療法家、精神科医、心理学者、その他の保健関連の人たち(健康増進を図る役割を持った教師などを含む)

ACTIONS ON World No Tobacco Day

世界禁煙デーについての活動

あなたの所属する医療専門家団体は以下のことができる

あなたが医療専門家ならば以下のことができます。

自分自身でタバコ規制枠組み条約とその条項を熟知する

国の医療専門家団体として

認知度を高めるためにあなたができる一般的な方法

全ての人に知らしめましょう

看板を立ててください

メッセージが信頼性のあるものにする

その他の企画

世界禁煙デーは人々の興味を喚起します。記者会見が開かれるかもしれませんし、新しい資料が公表されるかもしれません、新聞に記事も載るでしょう。私たちが懸念を表明するまたとない機会なのです;より多くの人が参加すればより良いのです。また人々が何を望んでいるのかを知る機会にもなるし、政府に知らしめる良い方法でもあります。

タバコ規制枠組み条約が発効し、政府はタバコ規制に活用できるツールを手に入れた現在、メッセージは大きくハッキリしていなくてはなりません。市民組織は、より高次の健康を達成するために煙とタバコのない場所を請求する必要があるのです。

世界禁煙デーは一年の中でたったの一日ですが、努力は年間を通じて続けるべきだということを忘れないで下さい。今年のテーマに関連する日をキーとして利用してください。

あなたの活動を私たちに知らせるのを忘れないで下さい。

このような、世界禁煙デーのテーマに関する「あなたのストーリー」を聞かせていただきたいと思います。お手紙をお寄せください。

 

翻訳:西田季彦

※WHO許可確認済み

     HOME(Anti-Smoke SiteのTOP)