なぜ大人になるまですってはいけないの?

大人になるまではタバコは吸ってはいけないという法律(ほうりつ)があります。

20歳くらいまでの間は、体が成長し、どんどん大きくなっていくよね

大きくなるってことは、からだの中の「細胞(さいぼう)」というものが分裂(ぶんれつ)してどんどん

増えていくからなんだ

このときの「細胞」はそとからの毒にたいして弱く、タバコにふくまれている毒で

「さいぼう」のせいしつがかわってしまうことがおおいんだ。

それに勉強するためには頭を使うけど、頭にとって一番大切なのは酸素

だけど、タバコを吸うと一酸化炭素(いっさんかたんそ)という有害なものを身体にとりこんでしまう。

一酸化炭素は血液が酸素(さんそ)を運ぶことをジャマするんだ。

勉強している時の脳は多くの酸素を必要としているのに来なくなってしまう。

勉強だけじゃなくても運動も多くの酸素を必要とする。

だから運動する人、スポーツをやる人もタバコは非常に良くないってことだね。

でも、大人になっても吸わない方がいいよ

 ポイント!

未成年者喫煙禁止法(みせいねんしゃきつえんきんしほう)
20才にならない人はタバコをすってはいけないという法律。
大人が子どもにタバコをすわせてもダメです。
子どもにタバコを売った人(企業)は最高50万円の罰金です。

この法律では子どもを監督(かんとく)する立場の親や先生が処罰されます。

また、子どもに対してタバコを売ったお店も処罰されます。

よいか!タバコを吸えば大人ってことにはならんのじゃぞ!
また、大人になったらタバコを吸わなければいけないというもんでもない
一番良いのは一生吸わないことじゃよ(^^)

最近の調べでは、特に肺がんと喫煙を始める年齢について次の様な研究結果が得られておる。この倍率はタバコを吸わない人が肺がんになる確立を1とした場合じゃ。(日本医師会)

   15歳になる前から吸い始めた場合    30
   16歳から25歳の間に吸い始めた場合 
15
   26歳を過ぎて吸い始めた人たち